【新郎新婦必見】5分で分かる!結婚式二次会の準備スケジュール

最近、周りで結婚ブームが続いています。

同級生の結婚式を撮影して、感慨深い気持ちになった猫の招待状の須沢です。

 

新郎新婦から、結婚式の準備に集中しすぎて、二次会の準備が間に合わない!!と、聞くことが増えました。

『計画的に』とは言うものの、実際に準備をするとスムーズにはいかないものです…。

 

結婚式と二次会の準備を並行しなくてはいけないため、事前にスケジュールを把握しておくことが大切です!

 

今回は、『二次会の準備が後回し』にならないように、結婚式二次会の準備スケジュールをまとめましたので、参考にしていただければ嬉しいです!

 

 

時期・タイミング やること                              ポイント
4ヶ月前 二次会のテーマを決める どんな二次会にしたいのかイメージします。

・誰を招待するか

・演出はどうするか

  幹事をお願いする 二次会の準備や進行を、信頼している人に幹事をお願いします。

・リーダー

・幹事4名以上

幹事は合計5名以上が理想的です。

  会場探しに必要な項目 会場探しに必要な情報をリストアップします。

・会場の場所

・会場の雰囲気

・ゲストの人数

・料理やドリンク

・必要な設備(控室/クローク/楽器演奏など)

  二次会の会場探し 気になる会場を何個かリストアップします。実際に足を運んで会場の雰囲気や料理をチェックするのがオススメです。
  ゲストをリストアップ 結婚式のハイシーズンやイベントが多い時期、遠方の人は来られない可能性があるため、早めにゲストをリストアップします。
3ヶ月前 幹事との役割分担の決定 新郎新婦と幹事の役割分担を決定します。

・プログラム決め

・各担当者決め(受付/会計/司会/音響・照明/チェキ係など)

・備品や景品の買い出し

・カメラマン(記録係)

  二次会の会場決定 リストアップした会場の中から、条件に合う会場を決定します。

決定できない場合は、キャンセル料や追加料金が発生するかなど、確認を忘れずに。

2ヶ月前 招待状を送る 二次会の招待状を送る方法を選びます。

・メール

・SNS(LINE・Facebookなど)

・ハガキ

Web招待状を利用すると、ゲストの管理も一括でできるためオススメです。

  進行表の内容を検討 ゲームや余興など、それぞれのプログラムの内容を決めていきます。ゲストに余興をお願いする場合は、早めにお願いするのがベストです。
  必要な備品や景品をリストアップ ゲームや余興に必要な備品・景品をリストアップします。
  司会やカメラマンを検討 司会やカメラマンをお願いするのが難しい場合は、代行会社を利用することもできます。
1ヶ月前 備品や景品の準備 景品や会場装飾、BGMなどを準備します。幹事が購入する場合は、レシートや領収書を集めておくと、後で見返した時に便利です。
  出欠の集計 ゲストの人数によって、予算が変動するため、出欠を確認します。
  予算の確認 突然の欠席者がいても大丈夫なように予算取りをします。プロジェクターや音響機材などを使用する場合、備品のレンタル料を確認します。
  プチギフトの準備 ゲストのお見送りの際に、プチギフトを配る場合は準備をします。ゲストが増える場合も考えて、多めに発注します。
本番直前 ゲストの名簿を印刷 受付で使用するため、ゲストの一覧表を印刷します。新郎側と新婦側があるため、2部以上印刷するとベストです。
  受付に必要な物を準備 受付に必要な物を準備します。

・ゲストの名簿

・筆記用具

・お釣り

・お金を入れるケース

・電卓

  最終確認 当日欠席者が多少出ても大丈夫なように、予算は余裕を持って確保しておくのがベスト。
 

 

 

 

7 Comments
  1. Janet Niesen 2019年1月20日
  2. Dennis Bolton 2019年1月20日
  3. Lauren Stahl 2019年1月20日

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。